ルナソルのスキンモデリングパウダーファンデーション

dscn5018

なんとなく@コスメのランキングを眺めていたら、またこのコンパクトが1位になっていた。

ルナソルのスキンモデリングパウダーファンデーション。

私はこのファンデーションが結構好きで、それほど使わなくてもいつも手元に置いています。

40代になって、ファンデーションを変えてみようかと思いたち、初めて買ったのがルナソルのファンデーション。

このコンパクトも、お化粧直しのために買ったんだけど、その品質に驚いた。

パウダーファンデーションってどうしても粉っぽさがあって、直しに使うくらいだからしょうがない、と思っていましたが、これを使って、そういう考えが吹っ飛ばされました。

dscn5022

まるでリキッドで仕上げたようななめらかさ。

素肌のような密着感。

まぁ、言う人が言えば、薄づきってことになるのかもしれないんですが、私にしてみたら絶妙っていう感じがしました。

それまでの30代は、ほとんどファンデは使っていなかったので、どうしても粉っぽいファンデが好きになれずにいたんですが、このファンデの素肌感にはホントに驚きました。

何度かリニューアルされているので、少し変わったかもしれないですが、先日使ったら、なんとなくそれなりにカバー力もあって、でも自分の肌とも少し違うけど生っぽさがあってよかったです。

このパウダーファンデーションなら、お化粧直しだけじゃなくて、朝のメイクから使える!と思えるパウダーファンデーションです。

詳しい口コミはこちらでも

Continue Reading

トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーション

DSCN3614

パウダーファンデーションでありながらミネラルファンデーションでもある、トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーション。

パウダーファンデーションってスポンジでサッと塗るだけでても汚さないし、お化粧直しにも使えるので、とっても使いやすいイメージがあるんですが、皆さんもそうでしょうか。

ただ、乾燥するとかやっぱりリキッドよりも仕上がりはイマイチ・・・というような感想をお持ちの方も多いと思います。

逆にミネラルファンデーションは、ルースパウダー状のものが多く、専用のブラシが必要だったりとか、ちょっと使うのが面倒くさいというイメージがあります。

ですが、トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーションはこの2つのいいところだけ取ったというようなファンデーションなんです。

パウダーファンデなので、素早く仕上げられますし、ミネラルファンデーションなので、ナチュラルでツヤのある仕上がりなんです。

ミネラルファンデーションも色が合わなかったり、ギラつきが気になったりと、なかなかぴったりのものに出会うのが一苦労なんですが、トゥヴェールのものは、色もツヤも普通のファンデと同じような感覚で使えます。

色は標準色のオークルを選びました。
DSCN3307

ファンデそのものの色は少し暗く見えるんですが、実際につけてみると、ぱっと明るくなります。

トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーションの一番の特徴はカバー力がすごいというところです。

個人的にはミネラルファンデーションは薄づき、ナチュラルな仕上がりというイメージがありますが、トゥヴェールのはすごい。

なので、ミネラルファンデのカバー力に頼りなさを感じている人にはおすすめです!

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

Continue Reading

エスト パウダーファンデーション シルキースムース

DSCN5306

エストのパウダーファンデーションは、

・パウダーなのに重ねても薄い膜のようになり厚塗りっぽくならない

・化粧崩れの原因になる皮脂を瞬時に固めるので化粧崩れもなく一日中きれいな肌でいられる

というのが特徴のファンデーション。

DSCN5312

このファンデーションは40代くらいの方が使う場合は、ちょっと仕上がりが別れそうな感じがします。

皮脂を瞬時に固めて・・・とありますが、あまり皮脂が出ないのに瞬時に固められたらどうなんでしょう。

私の感触から言えば、多少の肌からの油とファンデーションが馴染んでくるとツヤが出てしっとりとした肌に見える気がするんです。

皮脂を吸収してしまったら肌が乾燥しますよねーというよりは、仕上がりに微妙な差が出るんじゃないかと思います。

実際自分が付けた時は、表面はすごく綺麗なんだけどなんとなく不自然な感じがしました。

こういう感覚って、若い人向けのパウダーファンデーションを使ったときと同じ感じです。

確かに、脂浮きがひどいと化粧が部分的に汚く崩れたりするので悩みになると思うんです。

なので、その辺を考えて使ったほうがいいかなと思います。

あとは、朝の基本的なベースメイクは好みで作っておいて、お化粧直しの時に、脂っぽく崩れる部分に使う・・・というのはいいかもしれないです。

皮脂不足の人が全体に使ってしまうとちょっと能面のようなペタっとした仕上がりに。

もちろん、シェーデイングやハイライトを駆使して立体的なメイクをしていますという方には何の問題もありません。

詳しい口コミにはこちらにも

Continue Reading