トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーション

DSCN3614

パウダーファンデーションでありながらミネラルファンデーションでもある、トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーション。

パウダーファンデーションってスポンジでサッと塗るだけでても汚さないし、お化粧直しにも使えるので、とっても使いやすいイメージがあるんですが、皆さんもそうでしょうか。

ただ、乾燥するとかやっぱりリキッドよりも仕上がりはイマイチ・・・というような感想をお持ちの方も多いと思います。

逆にミネラルファンデーションは、ルースパウダー状のものが多く、専用のブラシが必要だったりとか、ちょっと使うのが面倒くさいというイメージがあります。

ですが、トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーションはこの2つのいいところだけ取ったというようなファンデーションなんです。

パウダーファンデなので、素早く仕上げられますし、ミネラルファンデーションなので、ナチュラルでツヤのある仕上がりなんです。

ミネラルファンデーションも色が合わなかったり、ギラつきが気になったりと、なかなかぴったりのものに出会うのが一苦労なんですが、トゥヴェールのものは、色もツヤも普通のファンデと同じような感覚で使えます。

色は標準色のオークルを選びました。
DSCN3307

ファンデそのものの色は少し暗く見えるんですが、実際につけてみると、ぱっと明るくなります。

トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーションの一番の特徴はカバー力がすごいというところです。

個人的にはミネラルファンデーションは薄づき、ナチュラルな仕上がりというイメージがありますが、トゥヴェールのはすごい。

なので、ミネラルファンデのカバー力に頼りなさを感じている人にはおすすめです!

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

Continue Reading

ヴァントルテ ミネラルシルクパウダーファンデーション

DSCN3382

ヴァントルテってご存知ですか?

私は、最近口コミサイトで見るまでは知りませんでした。

 

このファンデーションは最近、ファンデーション部門で1位になっているミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションは、コスメとしてはもう一般的になってきて、ファンデーションの中のカテゴリーの一つになりました。

クレンジングも不要でつけたまま眠れるほど優しいといわれていて、 敏感肌やお肌をいたわる方には人気です。

 

私も、普段はなるべくクレンジングをしたくない派なので、ミネラルファンデーションは活用しています。

ちなみに、ミネラルファンデーションと謳われている商品でも、クレンジングが必要なものもありますのでチェックが必要です。

 

DSCN3327

ヴァントルテは、使ってみると、「他のとは違う!」という感想でした。

なんとなく、口コミ1位になっているのも分かるような気がしてきた・・・

 

まず、粉がとてもしっとりしている。ということが、塗らなくても分かる。

1枚目の画像に写っているとおり、ヴァントルテのミネラルファンデーションは、パフを使って塗ります。

ごく一般的なミネラルファンデーションは、ブラシを使います。

ミネラルファンデ=ブラシ付けなので、そこが面倒という方もいるかもです。

パフで付けられるなら使ってみようという方も増えるような気がします。

 

ちなみに、ミネラルファンデ用のブラシで付けてみましたが、パフで付ける方がずっときれいでした。

ブラシだと、なんとなく気分的に粉飛びして、しっかりと付けられた気がしませんが、パフだとしっかり塗れます。

塗ったら、手で密着させて完成です。

 

お試しセットを購入したとき、下地などのサンプルはなかったのですが、しっかりしたメイクにしようと思ったら、クレンジング不要のCCクリームなどと合わせるとよさそうです。

 

ヴァントルテを選んでいる方の中には、タルク不使用だから・・・という方もいらっしゃるかも。

タルクは、肌に悪いものではないようですが、大量に吸い込むとあまりよくない・・・と言われています。

リキッドやクリームならあまり不安もないですが、パウダーなら入っていない方が気持ちよく使えるかもしれません。

 

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデ デビューセット

 

Continue Reading