DSCN0471

クリアエステヴェール クッション

クリアエステヴェールのクッションタイプが発売されました。

今、クッションファンデはとても人気があります。

 

クッションファンデとは?
液体のファンデーションがしみ込んだクッションにパフを押し当てて使います。
パウダーの手軽さとリキッドのみずみずしさの良いとこどりをしたファンデーションです。

 

クッションファンデの人気の理由は、リキッドファンデをとても手軽に使えるということだと思います。

コンパクトケースに入っているので、持ち歩くこともできて、パフで付けるため、手を汚さずにメイクできます。

 

また、「リキッドファンデをクッションにしみ込ませている」となっていますが、通常のリキッドファンデーションよりも、ずっとみずみずしい感触で、サッパリとした使用感になっています。

サッパリとはしていますが、保湿成分などはしっかりと配合されているものが多く、乾燥したりすることも少ないです。

パフで付けるところや、持ち運びができるところは、パウダーファンデと似ているところがあるので、今までパウダーファンデ派だった方も、シフトしやすいと思います。

 

クリアエステヴェール クッションを使ってみて

さて、「クリアエステヴェール クッション」ですが、薬用クリアエステヴェールと全く一緒というわけではありません。

とりあえずは、「薬用」が付いていないので、医薬部外品ではないということはわかります。

また、クリアエステヴェール クッションは、美容液成分が66種配合されており、13種類のフルーツエキスを配合しています。

レモン果実エキス、ライム果汁、オレンジ果汁、アセロラ果実エキス、イチゴ種子エキス、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、グレープフルーツ果実エキス、モモ果実水、メロン胎座エキス、ミルシアリアデュビア果実エキス、クランベリー果実エキス、加水分解アメリカブドウ果皮エキス、ウメ果実エキス

 

使われているパウダーは、「AQUAパウダー」というもので、水風船のように水分をたっぷり含んでいます。

ファンデをポンポンと塗るたびに、このAQUAパウダーが弾けて潤いを放出します。

そのため、付けるたびにみずみずしいツヤ感を肌にプラスしてくれます。

仕上がりは、薬用クリアエステヴェールよりも、ツヤのある仕上がりです。

 

パフもこだわりぬいた3層構造になっていて、美しく仕上がるように設計されているため、できるだけ付属のパフを使ったほうがよりきれいに仕上がりそうです。

 

私が、特に薬用クリアエステヴェールとの違いとしてあげたいのが、UVカット効果です。

薬用クリアエステヴェールのUVカット効果は、SPF35/PA+++です。

これは、日頃の生活においては、十分なUVカット効果です。

クリアエステヴェール クッションはというと、SPF50+/PA++++です。

これは、夏のアウトドアでも大丈夫なくらいの効果ですね。

これだけのUVカット効果があることもあり、下地は、使っても使わなくてもどちらでも大丈夫です。

下地は日焼け止め効果だけではないので、補正効果など必要に応じて使うと良いと思います。

よりナチュラルにツヤ感のある仕上がりにしたい方はそのまま塗る方が良いでしょう。

ただ、取れてしまうとUVカット効果もなくなるので、こまめなお化粧直しも必要ですね。

 

仕上げ用のパウダーは、した方が良いようです。

ですが、これも好みなので、付けてみて必要ないと思えばなくても大丈夫だと思います。

よりフィットさせたい、崩れさせてくないという方は、上から仕上げ用のパウダーをしてみてください。

 

まとめ

  • クリアエステヴェール クッションは、薬用クリアエステヴェールよりもツヤ感が高い仕上がり
  • UVカット効果がSPF50+/PA++++と高い
  • クリアエステヴェール クッションは、美容液成分66種類で、そのうち13種類は注目のフルーツエキスが配合されている
  • みずみずしい使用感のクリアエステヴェールが持ち運びできて、お化粧直しにも使える

 

全成分

全成分
シクロペンタシロキサン、水、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ペンチレングリコール、ラウリルPEG-10トリス(トリメチルシロキシ)シリルエチルジメチコン、トリエチルヘキサノイン、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、BG、アスコルビルリン酸Na、アセロラ果実エキス、加水分解アメリカブドウ果皮エキス、アルガニアスピノサ核油、アルニカ花エキス、アロエベラ葉汁、イソステアリン酸、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イチゴ種子エキス、ウメ果実エキス、エチルヘキサン酸セチル、エチルヘキシルグリセリン、オウゴン根エキス、オレンジ果汁、カニナバラ果実油、カミツレ花エキス、クランベリー果実エキス、グリセリン、グリチルリチン酸2K、グルコシルヘスペリジン、グレープフルーツ果実エキス、コウヤマキ枝/葉エキス、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、水溶性コラーゲンクロスポリマー、コレカルシフェロール、コーン油、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、サクシノイルアテロコラーゲン、サリチル酸ブチルオクチル、シア脂油、シゾサッカロミセスポンベエキス、シャクヤク根エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ゼニアオイ花エキス、セラミドAP、セラミドNP、月見草油、トコフェロール、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ノウゼンハレン花/葉/茎エキス、ハマメリス葉エキス、パルミチン酸レチノール、パンテノール、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、ヒアルロン酸Na、ヒメフウロエキス、ブドウ葉エキス、プラセンタエキス、ホホバ種子油、ミルシアリアデュビア果実エキス、メロン胎座エキス、モモ果実水、ライム果汁、ラミナリアディギタータエキス、リボース、リン酸アスコルビルMg、レモン果実エキス、ベンゾイミダゾールダイヤモンドアミドエチルウレアカルバモイルプロピルポリメチルシルセスキオキサン、アクリレーツクロスポリマー-2-Na、ジステアルジモニウムヘクトライト、トリメチルシロキシケイ酸、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ナイロン-12、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、塩化Na、水酸化Na、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、フェノキシエタノール、シリル化シリカ、(+/-)アルミナ、ジメチコン、シリカ、水酸化Al、ステアリン酸、ステアロイルグルタミン酸2Na、ハイドロゲンジメチコン、ヒドロキシアパタイト、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、タルク、マイカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>