クリアエステヴェールの付け方

クリアエステヴェールの付け方の基本は、

  1. 化粧下地の後、 手の平に適量を取って顔に乗せます。
  2. 指先で、顔の中心から外側へ伸ばし、カバーが足りない部分には、少量のファンデーションをかるく叩き込むように重ねづけします。

これは、リキッドやクリームファンデーションの基本的な塗り方と同じです。

頬など広い部分から塗って、残りを目元や口元、細かい部分に伸ばします。

こうすることで、化粧崩れを防ぐことができます。

顔の中心にファンデを置いて、外側へ伸ばすのは、中心を厚く、外側に向かって薄くしたいためです。

顔の赤みなどがあるのは、だいたい顔の中心あたりにあります。

この部分はキレイにカバーして、それほど隠したいものがない部分は薄くします。

顔のすみずみまでファンデーションを同じ厚さで塗ると、のっぺりとした立体感のない顔になってしまいます。

クリアエステヴェールは、スポンジなどで伸ばしている方も多いかもしれませんが、手で伸ばす方が、クリアエステヴェールの良さを引き出せます。

スポンジを使う場合でも、まず全体には手を使って広げ、余分なファンデを取っていくような感じでスポンジで仕上げるとキレイです。

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>